インプラントで咬める歯を

歯を失った際の治療としては、さまざまな方法が確立されていますが、その選択肢の一つとしてインプラント治療があります。インプラント治療は手術を伴いますが、本物の歯に近い咬み心地と見た目を手に入れることができます。インプラント治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

インプラントと他治療との違い

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。





  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される




  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目が良くないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の前に・・・

セファロ機能搭載の歯科用CT導入しました

セファロ機能搭載の歯科用CT導入しました

当院では、正確なインプラント治療、及び本格的な矯正治療には欠かせないと言われている、セファロ機能搭載の歯科用CT「AUGE SOLIO Z CM」を導入しております。治療部位をあらゆる角度において、立体的かつ精密に診断することが可能となったことで、すべての患者様に最適な治療方針を当院にてご案内できますので、 より詳しい検査のためにと大学病院までわざわざ足を運んでいただく必要はありません。

矯正専門のドクターによる治療

毎週火曜日の午後には矯正専門のドクターが診療に来ますので、安心して治療を受けていただくことができます。

さまざまなインプラント治療に対応

インプラント オーバーデンチャー

通常より小さなインプラント(ミニインプラント)を4本、歯ぐきを切開せずに埋入し、それを固定源に総入れ歯を固定させる方法です。すべての歯をインプラントにしようとすると身体的・経済的負担が大きくなりますが、この方法を採用すれば短時間かつ簡単な手術で治療ができ、インプラント本数も4本に抑えられるので治療費を比較的安価に抑えつつ、しっかり咬める歯が手に入ります。

メリット ・治療期間が短く済む	・治療費が安く済む ・身体的負担が軽く済む	・取り外しや修理が簡単

顎の骨が足りないといわれたことがある方へ

インプラント埋入に必要な骨が不足している場合には、骨の再生を図る必要があります。そこで採用されるのが、以下のような骨の量を増やす再生療法。この方法で、今までインプラント治療ができなかった方でも治療可能となるケースが増えてきています。

ソケットリフト

インプラントを埋め込む部分の顎の骨の厚みが5mm以上ある場合に採用します。円柱状の器具を骨に挿入し、そこから移植骨を入れインプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

GBR

顎の骨幅が不足しているときに用いる治療法です。必要な骨が不足している部分を「メンブレン」という人工膜で覆い、骨の再生を促します。個人差がありますが、約4~6か月で骨が再生されます。

このページの先頭へ